家族や親の為にふるさと納税を活用せよ!

最近ニュースでもよく取り上げられている『ふるさと納税』

知らない人は少ないと思いますが、仕組みがよく分からなかったり面倒くさくて利用していない人が大半だと思います。

返礼品競争に拍車がかかり、ブームが過熱し過ぎた為総務省から「待った」がかかり

ルールを守らない自治体が問題となっていますが、利用して得する事はあっても損する事はほとんどありませんので是非活用していきましょう。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。

寄付のお礼として、実質自己負担額2000円で地域の名産品や特産物をもらう事ができます。

手続きをする事で、所得税や住民税の還付・控除が受ける事ができ、「確定申告」をするか「ワンストップ特例制度」の適用に関する申請が必要です。

自営業の方は毎年確定申告をする為、ふるさと納税を利用している方が僕の周りだと多く、

逆にサラリーマンの方は会社が確定申告をしてくれる為、ふるさと納税をしている人は少ない気がします。

しかし、確定申告を自分でしない方も

かんたん便利な「ワンストップ特例制度」という方法があり
確定申告不要で税金控除が受けられます

ワンストップ特例制度は、年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告をしなくても、寄附金控除が受けられる仕組みです。申請書を寄附した自治体に送ることで、控除上限額内で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から全額控除されます。

受ける場合には、以下のような条件があります。

  • 他の要件で確定申告の必要がないこと(住宅ローン控除の初年度、医療費控除、賃貸収入、個人事業主など)
  • ふるさと納税の納付先自治体が5つ以下であること
  • マイナンバーカード又は「通知カードor番号付き住民票」+「運転免許証orパスポートor写真付き身分証明書」が必要

これならサラリーマンの方も簡単にふるさと納税を利用する事ができます。

※ふるさと納税の注意点

1.「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、ふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの年収や家族構成などによって決まってきます。というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。

控除限度額は「さとふる限度額計算ページ」から調べることができます。

2.ふるさと納税の申込自体は一年中いつでも可能です。ただし、毎年12月31日までに寄付申込を済ませる必要があります。
また、ワンストップ特例制度を利用する方は、2019年1月10日までに各自治体へ申請書を送付してください。

お得な特産物

佐賀県みやき町

黒毛和牛1100g最高級【四等級】切落し
寄付金額:10,000円
北海道森町
冷凍ホタテ貝柱1.5キロ

寄付金額:10,000円

和歌山県和歌山市みかん 秀品 10kg
寄付金額:10,000円

完全に僕の好みのものを紹介していますが、他にも沢山の特産物があり、選ぶ時間もとても楽しめます。

ふるさと納税をさらにお得に !

ふるさと納税は自己負担額2000円と説明してきましたが、

本音で話す。ポイントサイトの比較と活用法!

ポイントサイトを経由したり、クレジットカードで支払いする事でポイントをもらう事ができ

実質の負担額はもっと減らす事ができます。

ふるさと納税はメリットはあっても、デメリットはないのでポイントサイトやクレジットカードも活用しながら是非利用してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です